個人再生とは・・・

 個人再生とは、主に会社を対象としていた民事再生法の個人版の債務整理手続です。

 個人再生というのは、たとえば500万円の債務のある人が、収入に応じて支払える額として、100万円を3年間で返済するというような計画を立て、その再生計画を裁判所が認めることをいいます。

 その後債務者が計画通り3年間で100万円をきちんと返済できたならば、残りの400万円の債務が免除されます。

 もっとも、個人再生を利用するには、一定の条件が必要です。

個人再生を利用する条件

 @継続的な収入の見込みがある

 A住宅ローン以外の借金の総額が5000万円を超えないこと

  定期的な収入があれば、アルバイトでも個人再生をすることができます。

  また、年金収入しかなくても、履行可能性があれば、個人再生をすることができます。

   しかし、専業主婦の方は、たとえご主人さんに収入があっても、継続的な収入があるとは認められません。

個人再生のメリットとデメリット

 (個人再生のメリット)

 @マイホームを維持しながら、借金の整理をすることができる。

 A大幅な借金の減額(元本以下)をすることができる。

 B自己破産と異なり、職業上の資格制限がない。

 

 (個人再生のデメリット)

 @信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に記載されるので、約5〜7年間

     新たな借り入れやクレジットカード発行がむずかしくなる。

個人再生の手続きの流れ

1.受任  取り立てSTOP

ベストパートナー司法書士行政書士事務所より、貸金業者に対して受任通知を発送。通知が届けば、取り立てがとまります。

                

2.個人再生手続き開始の申立て

                

3.再生計画案の提出及び決議

                   

4.再生計画案の認可                       

                

5.返済開始 

 再生計画に従って返済します。

                       →個人再生について相談したい方はこちら